一般薬剤師 転職

一般薬剤師の転職では




一般薬剤師の転職で有利にするには?

 

 

病院や薬局で調剤を行なうことだけでなく、医薬品の販売にも薬剤師がいないと困難になっています。

 

 

医療や薬に関する知識がない一般の人にもわかりやすく説明をするケースが多くなっています。

 

 

調剤薬局やドラックストアで働く薬剤師が最も多くなっています。
そのため求人も一番求人数があります。

 

 

 

 

 

医師からの商法銭に従って薬を調合することと、患者の健康の相談に関係する相談に載ることをしますが、
薬剤師法が改定されてから、薬局では常に薬剤師を配置することになっています。

 

 

そのため薬剤師の仕事が増えていると思っていいでしょう。

 

 

病院や薬局で調剤を行なうことだけでなく、医薬品の販売にも薬剤師がいないと困難になっています。

 

 

医療や薬に関する知識がない一般の人にもわかりやすく説明をするケースが多くなっています。

 

 

 

薬剤師の転職では

 

薬剤師の転職では、希望条件の職場に転職するには、優位性を保った転職活動をすねきです。

 

 

 

優位な立場にする求人情報

そのためまず良い求人を数多くの求人を得ることが必要となります。また、単なる求人情報ということでなく、その医療機関の方向性や職場の状況なども知っておくことがベターです。

 

 

 

多くの求人があるといっても、中には、ハードな仕事もあり、すぐに辞めてしなうという職場だったり、人間関係が良くないために辞めてしまうなど定着率の悪い職場もあります。

 

 

 

単なる情報としないためにも薬剤師求人サイトの利用をすべきです。担当者が対応をしてくれ、得た求人先のことも把握していることもありますし、場合によっては訪問することもあります。

 

 

 

 

上手な条件交渉は

薬剤師が直接交渉をしないほうが、有利な交渉が可能です。薬剤師が直接、医療機関へ交渉をするとどうしても主導権を握られてしまいます。そこで薬剤師の求人サイトを利用していれば、担当者が交渉することになります。

 

 

 

薬剤師が直接、コンタクトをしないこともあり、条件交渉なども有利になることがあります。利用は無料ですので利用しない手はないと思います。

 

 

 

おすすめは薬剤師求人サイトの利用

 

非公開求人情報という質の良い求人情報を得られることと、転職に精通をしているプロが転職のサポートをしてくれます。求人先の様子まで把握できますので、間違いのない職場を選ぶことができるでしょう。

 

 

 

 

薬剤師求人サイト利用した場合にやってはいけないこと

 

給与を上げるための目的の転職であっても、最初から給与について質問をするなどは避けるべきです。最初から給与について交渉するようなことを行なうと、採用側からすると、「この人はお金だけか」と印象を持たれることになります。

 

その結果、不採用となる可能性があるからです。

 

 

 

良い条件で転職をしたいなら施設から内定が出た後に、
交渉することが好ましいです。

 

この段階で双方が満足できるかできないかで、
転職決定とすることです。

 

 

 

つまり、内定後に、断ることは、そう難しくはないということです。

 

 

 

《正社員で働く》薬剤師の転職を考える

 

いまの時代正社員になっていくのも大変な時代ですが、

 

それでも資格をもっていることで、確実に正社員になるチャンスは上がっていきます。

 

 

 

 

とくに医療関係の資格をもつことは、かなり優位です。

 

医療関係の仕事というのは、採用されるケースが高いです。

 

 

 

 

看護師などはどこの病院でも人材不足ということもありますし、

 

薬剤師はもともと資格取得は容易ではないので、

もともと人材が不足しているということがあります。

 

 

 

 

 

そして薬剤師の資格をもっていれば、ずっと仕事ができるというメリットもあります。

 

定年もないですし、病院か薬局があればどの地域にいったとしても仕事はみつかるのです。

 

 

 

 

もし結婚をして、出産や子育ての間仕事を休んでいる時期があったとしても

 

またおちついたころに仕事に復帰することはできます。

 

 

 

 

そんなときは薬剤師専門の求人サイトで、転職先を探すのがいいです。

 

専門ですから、求人募集をしている病院の情報が豊富にあるというのです。

 

 

 

 

まずは登録をして自分の働きたい条件や勤務時間、

 

給与などを検索をしていくことからはじまります。

 

その結果自分の希望に近い病院などが見つかるのです。

 

 

 

 

あとは、いくつかの候補をきめてから、

 

病院などに問い合わせて面接などをしていくと決まるはずです。

 

 

 

 

求人サイトは、無料で利用できるというのもいいですし、

 

なんといってもネットは情報量が多いということ、

 

自分の都合のいい時間に探せるというメリットがあります。

 

 

 

 

長く仕事をするためには自分の働きやすい環境で働くということが肝心です。

 

あせらずじっくり決めていくのがいいですね。

関連記事

当サイトおすすめ薬剤師求人サイト

エム・スリーキャリア【薬キャリ】

【薬キャリ】の特徴
○業界最大級!3万件以上の求人情報数
○薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
○地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
○紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能




マイナビ薬剤師

 


人材紹介企業「マイナビAGENT」が運営する薬剤師専門のサイトの「マイナビ薬剤師」です。

マイナビ薬剤師は、知名度・利用者数・利用したい薬剤師の転職サイトでは業界トップクラスです。





リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。

希望条件が少しぐらい厳しい条件でも担当者に相談すれば、良い求人が見つかることもあります。それだけ豊富に求人があることがリクナビ薬剤師の魅力でしょう。




日本調剤ファルマスタッフ

薬剤師の求人・派遣・転職といえばメディカルリソースの
日本調剤ファルマスタッフです。

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります。






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 非公開求人って? 求人サイトメリット 求人サイトデメリット 求人サイトの利用 転職までのプロセス