薬剤師 求人 サイト メリット

薬剤師求人サイトのメリット




薬剤師求人サイトの利用のメリット

薬剤師さんが求人サイトを利用するメリットは大きく3つあります。

 

  1. 優良な非公開求人情報を得ることができる。
  2. 担当コンサルタントが対応します。
  3. 求人サイトを利用しても無料でサービスを受けられる。

 

 

 

優良な非公開求人情報を得ることができる

 

求人には、公開求人と非公開求人があり、非公開求人のほうが圧倒的に多く、
優良な情報が多く存在しています。

 

 

 

なぜ非公開求人を利用するかということですが、比較的急いでいる場合や、
経験や能力などで獲得したい人材がある場合に利用します。

 

 

 

たとえば、退職者が出た場合には、ポストが空くことになりますので、
急遽、そのポストに適した人材の確保が必要となります。

 

 

 

退職者と同等か、それ以上の経験や能力のある人材の確保が必要です。
このような場合には、非公開求人を利用するのです。

 

 

 

この非公開求人情報を扱っているのが薬剤師の求人サイトなのです。

 

 

 

 

 

担当コンサルタントが対応します

 

薬剤師さんは、忙しいこともあり、転職活動に時間をさくことが難しく、
満足な転職活動ができない人も少なくないと思います。

 

 

 

 

薬剤師の求人サイトでは、ほとんどが担当コンサルタントが対応するようになっています。
薬剤師さんの希望に沿う求人を探したり、医療機関へ連絡や交渉もしてくれます。

 

 

 

 

忙しい薬剤師さんでも、転職活動が進めることができます
また、転職の悩みの相談や転職でのアドバイスなども無料で受けられます。

 

 

 

 

 

求人サイトを利用しても無料でサービスを受けられる

 

非公開求人や担当コンサルタントからの転職サポートがなぜ無料で受けられるかというと
ほとんどの薬剤師の求人サイトが人材紹介業なのです。

 

 

つまり、医療機関へ転職希望の薬剤師さんを紹介して、転職が決まれば、
転職後に、医療機関から薬剤師の求人サイトへ紹介手数料が支払われます。

 

このため薬剤師さんは、無料で転職サービスを受けられるのです。

 

薬剤師への求人希望や転職希望が増えています

大学で高度な授業を受けて来た割に扱いが小さいと言われて来たのが、
昭和時代の薬剤師ではないでしょうか。

 

 

 

病院では医師から指示された薬を調合して、患者さんに渡す仕事で
大きなコミュニケーションも取る必要がありませんでした。

 

 

 

また一般の薬局においても、資格があるからっと言って、

お客様の前に積極的に立つこともなかったように思えます。

 

 

 

そのような薬剤師としての仕事が変わって来たのが、
対面販売による接客にあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

まず調剤薬局になり、患者さんには薬に対してわかり
易い説明をするようになり仕事の幅もかなり増えたことになるのです。

 

 

 

 

それまでは接客が苦手で、
無口で通すことが出来た人もこれではいけないと言うことになるのでしょう。

 

 

 

接客が悪く、調剤薬局の評判を落とす訳にもいかない訳ですから。

 

 

 

 

今後の薬剤師に求められることはコミュニケーション力

 

 

最近では、ドラッグストアの展開が急務になっており、
多くの募集が見られるようになっています。

 

 

 

営業時間が長いドラッグストアでは、数多くの薬剤師を必要としているのですから、
求人が多くなることは当然ですよね。

 

 

 

そんなことから転職を考える人も多くなっているようです。

 

 

 

少しでも条件に良い所で働きたいと言う願望は、誰にでもある訳ですから、
求人を見ての募集も多くなっている傾向があります。

 

 

 

またこれからの時代、インターからの販売も出来るようになりました。

条件の良い所などへの転職や自立を考える人、ますます増えるのではないかと思えます。

 

 

 

薬剤師の求人の動向は?

 

現在、医薬品業界は規制緩和の動きを受けて、
調剤薬局の分野でも新規参入が活発化しています。

 

 

 

 

転職のチャンスは多くなっています

 

そのため、かつてのような小規模で個人経営の調剤薬局から、
チェーン店や大手ドラッグストアなどが参入し、さまざまな形態に変化しています。

 

 

 

 

そして薬剤師の求人も活発化していますので、
転職を考える方にとってはチャンスといえるでしょう。

 

 

 

 

薬剤師の職場は大きく分けて3種類あります。

 

 

 

ひとつは調剤薬局、病院内の調剤部門、そしてもうひとつは製薬会社です。

 

 

調剤薬局では

 

調剤薬局での仕事は、処方箋に基づいて患者さんに医薬品情報を提供し、
薬を調剤して渡すことになります。

 

 

 

薬の調剤や医薬品の説明という業務の他にも、金銭のやりとりや、
患者さんとのコミュニケーションなど、小売りやサービス業のような、

 

多岐に亘る能力が求められるのが調剤薬局の仕事です。

 

 

 

従って、社交的で人と接することが好きな方に向いている職場と言えるでしょう。

 

 

 

さらに勤務時間や勤務形態が幅広く、募集も多いことから、
昼間に自宅近くで働きたいなどの希望を持つ、

 

子育て中や家庭を持つ主婦の職場としても人気が高くなっています。

 

 

 

 

病院内の調剤部門

 

一方で病院内の調剤部門の場合は、調剤の高い能力が求められるのが特徴です。

 

 

 

チーム医療の一員として入院患者さんにも処方したり、夜勤もこなしたりするなど、
働き方は調剤薬局勤務とは大きく異なります。

 

 

 

 

 

製薬会社勤務

 

製薬会社勤務の場合は、研究開発や営業としての勤務となります。

 

 

 

給与が調剤部門勤務より高いのが魅力ですが、求人の大半は正社員となっていて、
転勤がある場合も多くなっています。

 

 

 

 

転職をお考えなら、薬剤師求人サイトの担当者に転職の相談を乗ってもらいましょう。

 

業界の求人動向については最新の動向を把握していますので、

 

良い条件での転職には有利になると思います。

関連記事

当サイトおすすめ薬剤師求人サイト

エム・スリーキャリア【薬キャリ】

【薬キャリ】の特徴
○業界最大級!3万件以上の求人情報数
○薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
○地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
○紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能




マイナビ薬剤師

 


人材紹介企業「マイナビAGENT」が運営する薬剤師専門のサイトの「マイナビ薬剤師」です。

マイナビ薬剤師は、知名度・利用者数・利用したい薬剤師の転職サイトでは業界トップクラスです。





リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。

希望条件が少しぐらい厳しい条件でも担当者に相談すれば、良い求人が見つかることもあります。それだけ豊富に求人があることがリクナビ薬剤師の魅力でしょう。




日本調剤ファルマスタッフ

薬剤師の求人・派遣・転職といえばメディカルリソースの
日本調剤ファルマスタッフです。

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいてくれます。薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります。






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 非公開求人って? 求人サイトメリット 求人サイトデメリット 求人サイトの利用 転職までのプロセス